コーチング哲学

【PRISM RAINBOW CLUB】をバックで支えるクラブ活動のスポーツ哲学などをレクチャー

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブのMBA的な考え方

クラブをMBA的に考えてみよう。
会員になってもらうためのプロセスがある。

前回説明した有名な【AIDMA】モデルは、
ある行事に参加するという短期的な行動に対し、
【AMTUL(アムトゥル)】というものがあり、
これは、参加してから会員になってもらうための
より長期的な態度の移り変わりのプロセスを定義したもの。

①Aware:認知 参加したからクラブの存在を知っている。

②Memory:記憶 クラブの特長や価値を覚えてもらえる。

③Trial:試用 ビジターとして参加したことがある。

④Usage:本格的使用 リピーターとして繰り返し参加してもらえる。

⑤Loyalty:忠誠心 ファンになっている。 今後の参加に特典やポイント制などで囲い込む。

要するに、会員になってもらうためには、
通常はこの5段階を経ている。

一般的には、③か④で終わってしまう。
そこから、⑤に導くための工夫や手法を研究する必要がある。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://nabecram.blog40.fc2.com/tb.php/11-23b2bdc4

左サイドMenu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


このブログをメルマガで通知を
受け取りたい場合は
  ↓↓↓
メルマガ申し込み

ブロとも一覧

ブログ内検索

訪問数

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。